トリキュラーの通販

日本と海外の違い

日本と海外の違い

日本では年間で約30万件の中絶手術が行われているとされています。日本の死因の中でも一番多いのは中絶による胎児の死亡なのです。これは世界的に見ても多い数字となり、日本と海外での避妊方法や、中絶に対しての認識に差があるためだと思われます。

日本の問題点

日本で一般的に行われている避妊はコンドームを用いた方法が主流で男性側が避妊を行うという認識が強くあります。そのため、女性主体で行う避妊法を行う人が少なく、海外ではポピュラーである低用量ピル(経口避妊薬)はあまり普及していないのが実情です。日本では低用量ピルについて教育されることが少なく、副作用が強い、太る薬、性行為のためのいやらしい薬などマイナスなイメージを持っている人が多いからです。

日本の問題点

もちろんコンドームを正しく使用できていれば妊娠を防ぐことはできますが、日本の性教育は海外に比べ遅れているとされていて性行為の途中からつけるなど使用方法を間違えて使っている人も少なくありません。またコンドームを用いず膣外射精などの間違った方法での避妊をしている人が多いとされています。そのうえ愛情のためという理由から避妊を行わない女性も多く中絶件数が増える要因ともなっています。

海外の女性

海外の女性

一方海外での避妊はコンドームと同様に高い割合で、女性主体である低用量ピルの服用や、避妊器具の装着などが普及しています。日本と違うところは女性が積極的に避妊する姿勢がみられます。例えばイギリスでは無償でピルが手に入るなど、年頃になると誰もがピルの服用方法を考える習慣があります。正しくピルを服用した場合避妊効果はもちろんのこと、生理痛の減少や生理周期の安定、卵巣がん予防、子宮内膜症の治療、ニキビの改善、など様々なメリットがあることを認識している人が多いため、普及率が高くなっています。

また海外での性教育は日本よりもきちんと行われているため、避妊方法としてピルとコンドームをきちんと併用している場合が多いとされています。ピルを避妊薬として用いてコンドームを性感染症予防のために使用することで自分の身を守っている女性が多いのです。

女性が妊娠を望まない場合、積極的に避妊を行うのは決して恥ずかしことではありません。コンドームとピルを併用するなど避妊の成功率を上げることで、望まない妊娠、体・心を傷つける中絶を行わなずに済みます。自分の体を守れるのは自分だけなので、男性任せにせず、自分で避妊することは大事なことなのです。

アイピル
このページの先頭へ