トリキュラーの通販

マーベロンとは

マーベロンとは

マーべロンとはアメリカのMSD株式会社によって製造・販売されている低用量ピルです。日本の病院でも処方されるポピュラーな低用量ピルです。成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(デソゲストレル)で第3世代のピルとなります。この黄体ホルモン(デソゲストレル)は子宮内膜を維持する子宮内膜活性効果が強く不正出血を起こしにくいのが特徴です。また男性化作用が少ないため、ニキビや多毛、体重増加がおこりづらいです。

作用

作用

作用としてはまず排卵が起こさないようにすることで妊娠確率が格段に減少し、もし排卵が起こってしまった場合でも、子宮内膜の増殖を防ぎ受精卵が着床しにくい状態が保たれています。また子宮の入り口につながる子宮頸管の粘度を高めることで精子が侵入するのを防ぎます。子宮内膜活性効果や、卵巣、子宮の活動低下によって生理痛や生理不順などの改善、卵巣がんの予防、子宮内膜症や月経困難症などに対しての副効用があります。

21錠と28錠

21錠と28錠

マーべロンには21錠タイプのマーべロン21と28錠タイプのマーべロン28があるため自分に合った服用方法を選ぶことができます。マーべロンは一相性といってホルモン量が1段階で変動しないタイプのピルなので飲む順番を間違えても問題がありません。マーべロン21の場合は毎日服用し7日間服用を中止(休薬)し同様の方法を繰り返し行います。マーべロン28のの場合であれば21日間服用した後、プラセボ(偽薬)というホルモンを含んでいない錠剤を7日間続けて服用します。うまくいけばこのプラセボを飲んでる間に消退出血(生理のような出血)がおこります。そのまま休薬期間をあけずに次のシートを服用します。

万が一飲み忘れてた場合は半日~24時間以内であれば急いで服用し、当日分も時間通りに服用してください。24時間以上経過してしまった場合は服用を中止し、次の生理初日から新しいシートの服用を開始してください。

飲み始めの1週間は避妊効果が得られない場合があるのでコンドームなど、他の避妊方法を併用する必要があります。確実に避妊効果を得られるのは服用開始から1週間後となっています。

注意点

注意点

飲み始めに不正出血や、腹痛、乳房の張りなどの副作用がみられる場合がありますが2~3か月して体のホルモンバランスが整うことでなくなる場合がほとんどです。また稀に血液が詰まる血栓症になる場合があり、手足のしびれや痛み、激しい頭痛などが初期症状として起こることがあります。症状が現れた場合すぐに医師に相談するようにしてください。血栓症リスクは喫煙者であると高くなるため、1日15本以上煙草を吸う人はピルを服用することが出来ません。そのためなるべく禁煙することが求められます。

アイピル
このページの先頭へ