トリキュラーの通販

トリキュラー服用方法

トリキュラーとは避妊以外にも様々な効果があり、生理痛軽減、生理不順の解消、子宮内膜症の治療、卵巣がん予防に使用される低用量ピルです。21錠・28錠のタイプ(トリキュラー21・28)があり自分に合わせた服用方法を選ぶことが可能です。毎日一定した時間に飲むことで、ホルモンバランスが安定し避妊効果を高め、副作用を軽減させます。きっちり時間を守るのが難しい場合は、前後1~2時間であれば問題ありません。服用から約1週間で避妊効果が得られます。

21錠と28錠

21錠の場合は21日間服用し、7日間服用を中止(休薬)します。28錠の場合であれば21日間服用し、続けて7日間はプラセボ(偽薬)というホルモンが全く含まれていない錠剤を服用します。本来、休薬中または偽薬服用期間に「消退出血」という生理に似た出血がおこります。通常の生理と違い排卵が起きていないため子宮内膜がはがれ落ちて出血している状態です。休薬、偽薬服用後まで続いている場合でも次のシートを開始してください。

21錠と28錠

休薬すると何日たったか忘れてしまいそうな場合や飲み忘れの心配がある人は偽薬で飲み忘れを防止できます。また偽薬には錠剤としてコーティングする成分しか入っていないため、体に害はありません。

注意点

服用の際に注意してほしい点は、トリキュラーは三相性ピル(三段階でホルモンの量を変化させるピル)なので錠剤によって成分量が違うということです。そのため順番を間違えると不正出血がおこります。間違わないようにシートの裏側に数字がふってあります。順番をきちんと守ることで、自然なホルモンバランスに近づけることができ、副作用を軽減させます。もし順番を間違えた場合、偽薬を飲んでいない限りは続けることが可能なので全部飲みきってください。

飲み忘れてしまった場合

飲み忘れてしまった場合

万が一服用を忘れたら半日の飲み忘れであれば、気づいた時点で服用し、当日分は時間通りに飲みます。もし、24時間経った場合は、服用をいったん中止し、次の生理まで待ち、次のシートを開始してください。中止している期間は避妊効果がなくなるので、別の方法での避妊が必要となります。なるべく生理の始まりからスタートするのが望ましいですが、忘れた場合は生理日2~3日からでも開始できます。

アイピル
このページの先頭へ