トリキュラーの通販

ダイアン35とは

ダイアン35はドイツのバイエル社によって製造・販売されている低用量ピルです。成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(シプロテロンアセテート)で、本来はニキビ治療薬として販売されているピルとなります。ほかの低用量ピルと同様に避妊効果があるため、避妊薬として海外では多くの女性に使用されています。体が小さいアジア人向けに開発されたピルで、ホルモン量を最小限に抑えているため、副作用がおこりづらくなっています。

効果

避妊効果としては黄体ホルモンによって排卵を起こさず、さらに子宮内膜が厚くなるのを防ぐため着床しにくい環境を作ります。また、子宮頸管の粘度を高めることで精子の侵入を防ぎます。避妊効果も高く、服用方法をきちんと守ればほぼ100%の確率で避妊することができます。しかし、多くの国では避妊薬としては認可されていないため、日本でも未承認の薬となっています。そのためダイアン35は通販の販売のみとなります。

黄体ホルモンであるシプロテロンアセテートは抗男性ホルモンとしての力が強いため、ニキビや多毛症、男性ホルモン型の脱毛症などの女性の男性ホルモンによる疾患の治療のために使用されます。そのほかにもバストアップなどの美容効果もあります。

服用方法

基本的に21錠タイプの販売で、避妊効果を望む場合は基本的に他の低用量ピルと同じ服用方法となります。21日間服用した後に7日間休薬します。基本的に7日間の休薬期間中に生理がきます。飲む順番を間違えてしまっても1相性のピルでホルモン量がすべて同じとなりますので問題ありません。万が一飲み忘れてしまった場合、半日~24時間以内であれば急いで服用し、24時間後であれば服用を中止し、次回の生理の初日から新しいシートで服用を開始してください。

注意点

飲み始めのうちは不正出血や腹痛、頭痛などホルモンバランスの変化によって副作用が起こることがありますが、2~3か月ほどすれば体が慣れてくるため、副作用はおさまることがほとんどです。しかし稀に血液が血管の中で固まってしまい血栓症となることがあります。ふくらはぎの痛みやむくみ、強い頭痛、胸部の痛みなどを感じた場合は医師に相談するようにしてください。体質などにもよりますが、喫煙者にリスクが高いことが分かっているため、1日15本以上煙草を吸う35歳以上の女性は服用することができません。

アイピル
このページの先頭へ