トリキュラーの通販

アフターピルについて

避妊に失敗してしまった際に、性行為の後に避妊できるのがアフターピルという緊急避妊薬です。コンドームが破けてしまった、レイプなどの性犯罪に合ってしまったなどという場合に望まない妊娠を防ぐことができます。以前は婦人科系疾患の治療に用いられる中用量ピルを緊急避妊薬として使用していましたが、2011年に緊急避妊を目的としているノルレボ錠が承認されたことでノルレボ錠が主流となりました。そのためここでいうアフターピルについてはノルレボ錠の説明となります。

失敗したと思われる性行為後の72時間以内に服用することで高い確率で避妊することができます。ただし100%の成功率とは言えず、正しい服用方法で服用できなかった場合は避妊効果が得られないこともあります。より高い効果を得るためには24時間以内の早めの服用が必要となり、すぐに服用した場合は95%の確率で妊娠を防ぐことができます。

低用量ピルとは違い、アフターピルには黄体ホルモンしか含まれていません。有効成分はレボノルゲストレルで強めの黄体ホルモンとなります。排卵を止めることで、受精させないことで妊娠を防ぎます。もし、排卵・受精してしまった場合でも、子宮内膜の増殖を抑えることで受精卵が着床しにくくなします。

ただし、トリキュラーなどの低用量ピルとは違って毎日の服用で体を慣らすわけではなく、急激にホルモンバランスを変化させるため体への負担は大きくなり、不正出血や、吐き気、頭痛などがおこります。そのため、緊急的な場合のみの服用として、計画的な避妊はトリキュラーなどを定期的に服用するようにしてください。

~アフターピルの種類~

ノルレボ

ノルレボとは日本で初めて承認された緊急避妊薬です。黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが含有されています。性行為後の避妊に有効的ですが、自費診療となるため1錠(1回分)あたり1万5千円~と高額な処方となります。

アイピル

アイピルとはインドのシプラ社によって製造された緊急避妊薬でノルレボのジェネリックとなります。日本国内ではジェネリックの製造はされていないため、未承認となりますが、通販での購入が可能となり、1錠あたり1000円ほどと10分の1以下の価格で購入することができるため、若い世代を中心に使用されています。

アイピル
このページの先頭へ